枕草子 大納言 参り た まひ て。 枕草子『大納言殿参り給ひて』解説・品詞分解(1)

枕草子『中納言参り給ひて』をスタサプ講師がわかりやすく解説&現代語訳!【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

☺ ただ、枕草子には「回想章段」あるいは「日記章段」といって、主に仕えていた中宮定子を中心とする藤原家の人々(中関白家)との交流を描いた一連の章があります(by wiki)が、これも、その章段に該当します。

12

枕草子の「大納言殿参り給ひて」

❤️ 「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。 かわいらしい。

5

枕草子の大納言参りたまひての「いまさらに、な大殿ごもりおはしましそ」が...

👀 誰も見たことがないめずらしい骨だ、と中納言が言うので、それならば、それはくらげの骨ではないか、と清少納言が機転を利かせて言った。

2

大納言殿参り給ひて 高校生 古文のノート

👣 作者からの敬意。 」と独りごつを、 (私が)「夜が明けてしまったようです。

14

枕草子『中納言参り給ひて』をスタサプ講師がわかりやすく解説&現代語訳!【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

😗 東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。 」とて』とあるように台詞の中にある敬語ですから、「大殿籠り」も「おはしまし」も、その台詞を話した人からの敬意となります。

11

枕草子『大納言殿参り給ひて』現代語訳(1)(2)

😭 作者からの敬意。 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語 「本当に。