ゴッホ 展。 フィンセント・ファン・ゴッホの作品一覧

ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

👀 7 cm 個人コレクション 1667 F1667 0629 JH629 暗色の帽子をかぶった農婦の顔 1885-01 1885年1月 ニュネン 油彩、キャンバス、40. 0 cm (・) 0125 F125 0525 JH525 オプウェッテンの水車小屋 1884-11 1884年11月 ニュネン 油彩、パネルにキャンバス、45. 画面から漂う叙情的で静謐な雰囲気が素晴らしかったです。 0 cm 個人コレクション 0040 F40 0507 JH507 機織る人、3つの小窓のある室内 1884-07 1884年7月 ニュネン 油彩、キャンバス、61. 5 cm 個人コレクション(・) 1665 F1665 0181 JH181 砂丘で網を修理する女性たち 1882-08 1882年8月 ハーグ 油彩、パネルに紙、42. オランダ美術局からの長期貸与) 0046 F46 0524 JH524 帽子をかぶった農夫の顔 1884-12 1884年12月 ニュネン 油彩、キャンバス、39. 5 cm (・) 0263 F263 1202 JH1202 1887-12? 画家としての原点を示す初期の画業から始まり、ポスト印象派を代表する画家になるまでの劇的な成長過程を辿ります。 0 cm 個人コレクション 0201 F201 1139 JH1139 で一杯の糖菓壺 1886-07? また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの絵画20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどる、ヘレーネの類まれなコレクションをご紹介します。

8

リポート ゴッホの言葉とともに見る「ゴッホ展」 東京・上野の森美術館で開催中

😇。

13

ゴッホ展

😈 0 cm 0292 F292 1219 JH1219 の街の光景:風車 1887-02 1887年2月-3月 パリ 油彩、キャンバス、34. おそらく技法的にはまだまだ日曜画家レベルなのでしょうが、画面から漂う妙な哀愁や寂寥感に惹かれました。 de Boer Foundation 南仏の陽光の下、画家たちの集まる幸せなユートピア建設の夢を抱き、多幸感に包まれていたアルル時代に描かれた作品。 0 cm 0044 F44 0962 JH962 風になびいた木々のある風景 1885-11 1885年11月 ニュネン 油彩、パネルに紙、32. 彼が画家として独自の画風を確立するまでには「ハーグ派」と「印象派」の画家たちとの出会いがありました。

8

世界初「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」東京&大阪で、ゴッホ《ひまわり》など全作品が日本初公開

⌛ さらに、「ハーグ派」のマウフェやラッパルト、「印象派」のモネ、ルノワール、ピサロなど、彼に大きな影響を与えた画家による作品約20点も展示。 5 cm 0208a F208a 1089 JH1089 (イーゼルの前で暗色のフェルト帽をかぶったもの) 1886-04? ハーグ 不明 所在不明 1666 F1666 0383 JH383 風になびいた木 1883-08 1883年8月 ハーグ 油彩、キャンバス、35. 2019• 0 cm 0153 F153 0587 JH587 パイプをくわえた農夫の顔 1885-01 1885年1月 ニュネン 油彩、キャンバス、44. 0 cm 0085 F85 0693 JH693 糸巻き機 1885-03~ 1885年3月-4月 ニュネン 油彩、キャンバス、34. 5 cm (・) 0081 F81 0695 JH695 白い帽子をかぶった農婦の顔 1885-03 1885年3月 ニュネン 油彩、パネルにキャンバス、47. 5 cm 0028 F28 1191 JH1191 1足の靴 1886-07? 〈 フィンセント・ファン・ゴッホ 〉26歳で絵画を志したオランダの青年. 世界各国からファン・ゴッホの作品約40点が集結する本展では、《糸杉》など晩年の代表作に加え、貴重な初期作品も来日。 本展では、ゴッホの各時代の画風を特徴づけるような秀作が初期から晩年まで時系列に沿って展示。

8

兵庫県立美術館 ゴッホ展 ハーグ、そしてパリ。ゴッホへの道ー

☘ 0 cm 0182 F182 0948 JH948 3つの鳥の巣のある静物 1885-10 1885年10月 ニュネン 油彩、キャンバス、33. 0 cm 0216i F216i 1072 JH1072 女性の石膏像 1886-04? 0 cm 個人コレクション 0145 F145 0653 JH653 ジャガイモの皮をむく農婦 1885-02 1885年2月 ニュネン 油彩、キャンバス、41. 0 cm 個人コレクション() 0187 F187 0808 JH808 暖炉の側の農婦 1885-06 1885年6月 ニュネン 油彩、キャンバス、44. また、ゴッホのアルル時代の寝室を会場内に再現し、出品作《アルルの寝室》と見比べながら、ゴッホが空間をどのように捉えて絵画で表現したかを探る画期的な試みや、科学的な視点によるゴッホの技法の分析の成果も交えて、多方面からゴッホ芸術の秘密に迫ります。 ~ 1886年-1887年の冬(1887年-1888年の冬か) パリ 油彩、キャンバス、65. 取材に関するお問い合わせ. 0 cm 0034 F34 0459 JH459 機織る人、右向き 1884-02 1884年2月 ニュネン 油彩、パネルにキャンバス、37. 2 cm (・) 0024 F24 0500 JH500 機織る人、正面から 1884-07 1884年7月 ニュネン 油彩、パネルにキャンバス、47. 0 cm () 0089 F89 0803 JH803 田舎家と木々 1885-06 1885年6月 ニュネン 油彩、キャンバス、44. 0 cm () 0143 F143 0546 JH546 女性の顔 1885-03 1885年3月 ニュネン 油彩、3重ボードにキャンバス、42. 特に、中心的な画家のひとり、アントン・マウフェ(Anton Mauve, 1838-1888)が縁戚関係にあったことから直接の指導を仰ぎ、その後、ハーグに移住して他の画家たちとも交流します。 0 cm () 0176 F176 0799 JH799 暖炉の側の農婦 1885-06 1885年6月 ニュネン 油彩、パネルにキャンバス、29. ゴッホの作品はこれまで、世界中の人々と絵画を結びつけてきました。

ゴッホ展

👊 0 cm 個人コレクション 0353 F353 1271 JH1271 のある麦畑のはずれ 1887-04? よーく見てみると、麦畑の中には「緑」「灰色」「オレンジ」「黄色」「赤」など様々な色が使われており、筆のストロークも風に揺れる穂先を細かく表現していることがわかります。 「炎の画家」とも呼ばれるフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)の初期から晩年までの歩みを追う「」が東京・上野の森美術館で開かれている。 0 cm () 0070 F70 0715 JH715 室内に立つ農婦 1885-03 1885年3月 ニュネン 油彩、パネルにキャンバス、41. 5 cm 個人コレクション() 0079 F79 0763 JH763 ジャガイモを植える農夫の男女 1885-04 1885年4月 ニュネン 油彩、キャンバス、33. 3 cm (・) 0027 F27 0503 JH503 日没の村 1884-07? 2 cm (・) 0160a F160a 0563 JH563 農婦の顔 1884-12 1884年12月 ニュネン 油彩、パネルにキャンバス、40. 0 cm ()( 0223 F223 1111 JH1111 植木鉢の 1886-07~ 1886年7月-8月 パリ 油彩、キャンバス、54. 12月 2021• 0 cm Anneliese Brandコレクション(・) 0212a F212a 0929 JH929 陶器の器と梨のある静物 1885-09 1885年9月 ニュネン 油彩、キャンバス、33. 0 cm 個人コレクション() 0059 F59 0921 JH921 野菜と果物のある静物 1885-09 1885年9月 ニュネン 油彩、キャンバス、32. ヘレーネは、画家がまだ評価の途上にあった1908年からおよそ20年で、鉄鉱業と海運業で財をなした夫アントンとともに約90点の絵画と180点を超える素描・版画を収集しました。