ノック ダウン コロナ。 新型コロナ 感染拡大を防ぐための「ロックダウン(閉鎖)」で市民の生活はどう変わったか(小林恭子)

【コロナ:世界の動きまとめ】欧州各国、次々とロックダウン。日本、入国規制緩和。中国、韓国など9カ国・地域への渡航中止勧告解除

📲 感染者の増加は乾燥した低温の冬季気候が主な原因で、国民の行動とは直接の因果関係がない可能性は考慮されていない。 「年内いっぱいは続く」という専門家もいる。

7

【コロナ:世界の動き】イギリス、3回目のロックダウンを段階的に解除。香港、日本や中国などとワクチンパスポートを検討

🔥 これに対し、香港大学感染症センター所長は、ワクチンパスポートを検討する際、「ゼロリスク」を確保することは困難であると述べた。 22日、市内で見かけた人々の様子からすれば、英国民はソーシャル・ディスタンシングを上手に利用しているようだった。

新型コロナ 感染拡大を防ぐための「ロックダウン(閉鎖)」で市民の生活はどう変わったか(小林恭子)

💅 総括 海外における新型コロナウイルスの感染状況とロックダウン対策について解説してきました。 そのためドイツでは、ロックダウンに不満を持つ市民の抗議活動が絶えず、連邦議会での首相演説にもヤジが飛ぶ。 (文・五島正浩) 出かけるときのプレッシャー、変わる日常の風景 食料の寄付を得るため列を作るホームレス。

17

ロックダウンしたら企業はどうなる?緊急事態宣言との違いや必要な準備とは

🤟 自分が感染しなくても、知らず知らずのうちに自分がウイルスを運ぶ可能性があることを理解して欲しいです」 (20代、学生、エムさん、スペイン在住) マスクをする目的は「うつさない」です。 東京か地方か、封鎖が行われそうかどうかに関わらず、どうか、不要不急の外出自粛を心がけてください。 5月3日から移動の自由、中高校一部対面授業再開 現在、自宅から10km圏内しか許可されていなかった移動制限は、5月3日より全面的に解除されます。

【コロナ:世界の動き】イギリス、3回目のロックダウンを段階的に解除。香港、日本や中国などとワクチンパスポートを検討

👣 欧州の惨状を知り得たのに、東京から地元に帰省して感染を広げていたりと、あまりにも外から学んでいない現状に危機感を感じます」 (20代、ニューヨーク在住2年、元総合商社の駐在) ロックダウン中、イタリア防災市民保護局による毎日中継される会見。

14

フランス5月3日から2ヶ月かけ4段階でロックダウン解除 コロナパスポート導入も

🤟 コロナパスポートを所持していなくても、シェンゲン条約で約束されている「移動の自由」は基本的に守られているとされています。