お も て 歌 の こと 現代 語 訳。 『峨眉山月歌』李白 【原文・書き下し文・現代語訳・解説】

『枕草子』の現代語訳:10

🐝 春のうちだけ鳴くのであれば、鶯はどんなに素敵な鳥だろう。 (桜のように見える)峰の白雲よ。 年を経て かしらの雪は 積もれども しもと見るにぞ 身は冷えにける 年をとって私の頭は雪が積もったように白くなりましたが、むち(しもと)を見ると体がぞっとしてしまいます。

8

近世以前の和歌・俳句の意味を調べる

📱 頭赤き雀。 いつの間にか、得意顔で鳴いているようにも聞こえるが、卯の花や花橘などに好んで止まり、その姿が見え隠れするのも、憎らしいほどの風情がある。

15

俵万智チョコレート語訳

☣ 調べ方案内で紹介されているようなツールを使って、作者名や初句などを手がかりに文献を探すことになります。

18

無名抄『深草の里/おもて歌』現代語訳

💅 その意味では二人は、まさに同志だった。

8

無名抄『関路の落葉』現代語訳

⌛ 現代語訳を収録した全集、叢書 以下のような全集・叢書類では、現代語訳または歌・句の大意が示されています。 さばかりならば、なじかは捨てし」など言はんは、無下の事なり。

20

無名抄『関路の落葉』現代語訳

👆 「ここに召して、率(ゐ)て参りたり。 」と、人の申しければ、 「ここに呼んで、連れて参りました。

9

無名抄『深草の里/おもて歌』現代語訳

🤗 いずれにしろ本当の話として取るにはやや疑問が残りますが、漢詩の歴史の中のとても面白いエピソードではあります。 高校の教師を辞めて、はじめての大きな仕事だった。 祭りの帰さの見物で、雲林院や知足院などの前に車を立てかけて待っていると、ホトトギスのこの時期にはもう我慢できないといった感じで鳴いている。

12