アドバンテッジ eap。 アドバンテッジ リスク マネジメントの産業医・産業保健師サービス

EAP業界初!SNS(チャット)によるカウンセリングサービスを開始

😈 若年層のケアが必要とされるなか、昨今多くの企業で在宅勤務が推奨され、上司や同僚など職場での 対面コミュニケーションが希薄となっていることが懸念されています。 0%)。

20

東京海上日動など「アドバンテッジEAP」ユーザー情報 外部から閲覧可能に

👐 電話でのお問い合わせ• IT・通信や技術・サービス職では「仕事の量による負担感が高く、チームワークや横のコミュニケーションに課題を感じている」傾向が強い。 企業が毎年実施しているストレスチェックから、若年層は他世代と比較し、高ストレス者が多いことがわかっています *。

12

[ニュース] アドバンテッジEAP、新オプションサービス 『復職あんし...

🤫 (4) ストレス要因や組織環境・風土の分析を行い、職場の現状把握に基づき環境改善策をアドバイス。 対応 ネオス社は、問題発覚後直ちに当該データを別の場所に移動。

3

アドバンテッジEAP

♻ 個人のストレス状態とストレス感受性を含む性格傾向の判定の強化 最近の従業員と職場環境の変化の傾向に応じた判定項目と基準の改定 2. 当社はEAP企業として、相談者当人のケアにとどまらず、従業員対応に悩む人事担当者に対する助言も含めてサポートいたします。 1. 新サービス開発の背景 昨今の職場のコミュニケーションの悪化や成果主義の浸透、過重労働やハラスメント等に起因して労働者のストレスと心の健康問題が深刻化する中、メンタル疾患を原因とする企業の休業者数は増加傾向にあります。

[ニュース]ARM、2009年度「アドバンテッジEAP」利用実績を発表 ...

🖕 内訳を見ると、業種ではIT・通信業(13. ストレスチェックの実施と集団分析• 1995年1月 ㈱アドバンテッジインシュアランスサービスを設立し、団体長期障害所得補償保険(以下GLTD)の取扱開始 1999年3月 事業拡大に合わせ、グループ統括会社として㈱アドバンテッジリスクマネジメント(現アドバンテッジリスクマネジメント)を設立 1999年6月 ㈱日本長期信用銀行(現㈱新生銀行)より長栄㈱の営業譲渡を受け、㈱長栄アドバンテッジを設立 1999年9月 ㈱日本債券信用銀行(現㈱あおぞら銀行)より九段エージェンシー㈱の営業譲渡を受け、㈱九段アドバンテッジを設立 2000年6月 欧州型取引信用保険(クレジットインシュアランス)の取扱開始 2000年7月 ライフプラン分野への事業展開に伴い㈱アドバンテッジライフプランニングを設立 2000年7月 ㈱新生銀行より㈱長栄アドバンテッジへ5%資本参加を実施 2002年4月 本社オフィスを、東京都港区芝公園から現在地(目黒区上目黒、中目黒GTタワー)に移転 2002年8月 従業員のメンタルヘルスサポートサービス「アドバンテッジEAP(Employee Assistance Programの略)」の開発・提供で東京海上メディカルサービス㈱(現東京海上日動メディカルサービス㈱)と業務提携し、本格的にサービスの提供を開始 2002年11月 ㈱イーケーシーより保険代理業の営業譲渡を受ける 2003年1月 ㈱セントラル保険エージェンシーより生命保険部門の営業譲渡を受ける 2003年7月 ㈱九段アドバンテッジを東京海上火災保険㈱(現東京海上日動火災保険㈱)に売却 2003年9月 企業基盤の強化と競争力の強化を図るため、㈱アドバンテッジインシュアランスサービスと㈱長栄アドバンテッジを合併 2004年2月 アドバンテッジリスクマネジメントグループの機能整理の一環として㈱アドバンテッジライフプランニングを解散 2004年8月 事務アウトソースに参入するため、㈱アイ・ビー・コーポレーションに資本参加 2004年9月 ㈱アプラス及び関連会社より保険代理部門の営業譲渡を受ける 2006年1月 株式交換により、㈱アドバンテッジインシュアランスサービスの100%子会社化を実施 2006年3月 ㈱オーエムシーカード(現㈱セディナ)と共同出資で㈱エフバランスを設立 2006年12月 大阪証券取引所ヘラクレス(現東京証券取引所JASDAQ)に株式を上場 2007年10月 ㈱フォーサイトの100%子会社化を実施 2008年2月 ㈱アイ・ビー・コーポレーションの100%子会社化を実施 2008年3月 ㈱ライフバランスマネジメントの100%子会社化を実施 2008年4月 関連会社㈱エフバランスの解散 2008年10月 完全子会社である㈱アドバンテッジインシュアランスサービスを吸収合併 2009年2月 完全子会社である㈱アイ・ビー・コーポレーションを吸収合併 2009年10月 完全子会社である㈱フォーサイト及び㈱ライフバランスマネジメントを吸収合併 2009年10月 グループ内に研究機関として㈱ARM総合研究所を設立 2010年3月 企業における従業員の生産性向上と組織活性化のための包括的・総合的なメンタルヘルスケア支援プログラム「アドバンテッジタフネス」提供を開始 2010年7月 ㈱イー・キュー・ジャパンより「感情知能(EQ)」といわれる理論を基にした検査、人材育成、組織分析等の事業の全部を譲り受け 2010年11月 EQ能力とストレス耐性の高い人材を見極めることのできる採用テスト「アドバンテッジインサイト」提供を開始 2011年3月 丸紅セーフネット㈱に対し保険代理部門の事業の一部を譲渡 2011年7月 中堅中小企業向けにサービス販売を行うビジネスパートナー(販売代理店)制度開始 2011年11月 中国・上海にアドバンテッジリスクマネジメント100%出資の子会社優励心(上海)管理諮詢有限公司を設立 2013年4月 休業者管理サービス「H-ARM-ONY ハーモニー 」提供を開始 2015年4月 メンタルヘルスに対応できる産業医・産業保健師の業務委託サービス提供を開始 2016年3月 労働安全衛生法改正 2015年12月施行 によるストレスチェック義務化を踏まえた法制化対応商品として新「アドバンテッジタフネス」提供を開始 2017年3月 優励心(上海)管理諮詢有限公司の清算結了 2017年12月 東京証券取引所市場第二部に市場変更. 例えば、従業員がメンタルヘルスの相談をできるように、カウンセリング事業を行っているEAP会社と契約したとします。 これまで適度な距離を保っていた家族と、急に多くの時間を過ごすようになり、ちょっとしたことでイライラしてしまうことはありませんか。 4%)と比べ低下がみられました。

安全配慮義務に有用なEAPー信頼できるEAPと契約する3つのポイント

😔 (3) 自身のメンタル面の悩みだけでなく、体の健康相談、部下・同僚への対応や家族に関する相談も受付。

9