蛍草 結末。 螢草 菜々の剣|全話ネタバレ感想・登場人物(キャスト)・原作

蛍草 あらすじ 最終回 蛍草 菜々の剣 最後 結末の記事です

🙄 草むしりをしていたのですが、花を見つけて、ついに手を止めてしまいました」 奈々が頭を下げて言い訳をすると、佐知はさりげない口調で言った。 原作 -• お舟(お骨さん(濱田マリ)) 質屋「枡屋」の女主人。

4

葉室麟 「蛍草(ほたるぐさ)」

⚡ 菜々を始末する良い機会との日向屋(本田博太郎)の思惑で仇討ちが許可され、菜々は轟との対決に臨むことに。 柳生新陰流の免許皆伝。 形見の守り刀も帯に差していた。

蛍草 あらすじ 最終回 蛍草 菜々の剣 最後 結末の記事です

🌏 幼い頃から菜々に好意を抱いていた。

4

螢草 菜々の剣|全話ネタバレ感想・登場人物(キャスト)・原作

😄 菜々は仇討ちを決断し、剣術の修行のために壇浦五兵衛を頼った。 愛する女性が仇討ちに向かうのを、見送るしかない口惜しさ、しかし、好きだからこそ止めないという愛情です。

17

螢草 菜々の剣|全話ネタバレ感想・登場人物(キャスト)・原作

⚠ 共に生きてほしい。 日向屋の女中だった轟の母が失踪した後、親代わりとなって轟の面倒を見ていた(第5回)。 鞘からゆっくり抜く刀が光り、菜々は刀を握る手が震えはしませんがぎこちないです。

1

螢草 (葉室麟)

🐝 桂木仙之助(高田翔) 市之進と共に藩政改革を推し進めようとする若侍。 《あらすじ》 16歳の安坂菜々は身分を隠し赤村の百姓として風早(かざはや)家へ女中奉公に出た。