ノストラダムス コロナ ウイルス。 ノストラダムスのコロナの予言を発見!的中か?3つの四行詩の真実【新型コロナウイルス】

ノストラダムスの言う「アンゴルモアの大王」ってコロナウイルス...

😆 ・数人の若者が死にかかる ・恨みで死んだものは他のものを輝かせる ・いくつかの場所で大きな悪が起こる ・疫病のモンスターの影響で喪に服す ・偉大な人物は現れず、世界が滅亡する ・人類にとって大きな問題の後、更に大きな問題を迎える。 これは、ノストラダムスを予言者として信じている人の中にも多く存在します。 ノストラダムスの予言を研究する人々によれば、この予言は当初、数年前に中国で流行したSARSのことではないかと言われていたが、今回の新型コロナウィルス肺炎だったのではないかと考えられているそうだ。

1

ノストラダムス、コロナの予言を当てたと話題、更に2021年がヤバい

👌 ビルゲイツの話なのである程度注目されたと思うのですが、実際この時点で対策が進んでいれば今のような状況が防げたのかは分かりません。

ノストラダムスは中国の新型ウィルス発生を予言していた!?

😆 たとえば、ドナルド・トランプ米大統領の出現、ノートルダム大聖堂火災などだ。 少なくとも日本語文献では、COVID-19の流行前に、 近未来の予測にコロナウイルスをもちこんだ解釈は見られなかった。 「恐怖の大王」という言葉のインパクトの強さから、隕石、核兵器、疫病などさまざまな解釈がなされましたが、実際は1997年7月には特に大きな出来事はありませんでした。

11

ノストラダムスの“新型コロナ予言”が的中しすぎて震える! “悪疫”のワード連発… コロナ後のキーワードは「戦争」!

😔 第6巻98番には確かに悪疫と訳せる語も登場している。 この予言が実際に当たっているのかはともかく、ノストラダムスが医師であり医療行為に従事していたのは事実だ。

18

ノストラダムス、コロナの予言を当てたと話題、更に2021年がヤバい

😒 状況は違いますが、1年はかかる、そしてその後も小規模な余波が来る、と見たほうがよいかもしれません。 つまり嘘の予言者。

7

コロナウイルスはイルミナティカードで予知されていた【意味深】

😉 NewsBop さて、ノストラダムスは1999年の恐怖の大王・・・だけではなく様々な予言をしております。 まあ、ノストラダムスの予言は解釈をすること自体が面白さの1つ。 画像は「 」より 中国を中心に世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス。

1

ノストラダムスの“新型コロナ予言”が的中しすぎて震える! “悪疫”のワード連発… コロナ後のキーワードは「戦争」!

⚓ また、彼の予言は最近でも的中している。

18

新型コロナよりも恐ろしいゾンビウイルス ノストラダムス2021年の予言とは…

😁 出典:Wikipedia 繰り返しとなりますが『ノストラダムスの予言集』は、1555年に初刊 1巻~4巻53版 、その2年後の1557年に追補 ~7巻42番 される形で刊行されています。 これは、21世紀日本のノストラダムス解釈文献で「疫病」に言及した数少ない例だが、飛鳥はこれを近未来の核戦争と解釈した。 Souce:. この予言だと、混乱は「天番龍蛇年(龍年と蛇年)」つまり次の辰年と巳年の2024年と2025年まで続くとされる。

10

中国の“ノストラダムス”劉基が650年前にコロナ蔓延予言していた

🙃 新型肺炎コロナウイルスはノストラダムスによって予言されていた!【訳あり】 この章では、実際に新型肺炎コロナウイルスを予言していると言われている 百詩篇第2巻第53節の原文と英文を紹介し、さらにその訳語を引用しています。 一時的な威厳でミサはうまくいく。 モンゴル人=アジア人=東南アジア人=ビン・ラディン氏 みたいな感じです。