はなび ら だい かい てん。 呪術廻戦

『呪術廻戦』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

🤙 先輩の夏油を非常に尊敬している。 しかし、呪霊を取り込み続けた苦しみと非術師を守ることに対する疑念から徐々に信念が揺らぎ始め、九十九との会話で、「非術師が全て死ねば呪霊もいなくなる」という考えが生まれ、その後も後輩の灰原の死から更に信念が揺らぐ。 物語当初、佐々木と共に、宿儺の指に引き寄せられた呪いに襲われ、頭に食らいつかれてしまう。

4

呪術廻戦

😄 八十八橋の事件後、偶然釘崎達に出会い、彼女達に恋愛相談をした上で虎杖と再会する。 しかしその後、里香は交通事故で死亡すると同時にと化し、乙骨に取り憑いた。 乙骨自身が呪術を習得した際は、 「最愛の人の魂を抑留する縛り」により、里香の 「底なしの呪力」や 「無条件の術式模倣」が使用できた。

14

個人のお客さま

🤑 「抜刀(ばっとう)」 刀身を呪力で覆い鞘の中で加速させる、正面の敵に特化したシン・陰流最速の技。 一般人 主要人物の親族・友人 虎杖 倭助 声 - 千葉繁 悠仁の祖父 にして、育ての親にあたる。

3

香林坊店(金沢)

🤭 人口(流れ出る呪力の量)の差により、地方と比較して都会の呪いは狡猾である。 宵祭り(よいまつり)編(9巻79話 - 10巻82話) 過去編が終わり、舞台は現在に戻る。 ただし、自身の血液を使う性質上、釘崎の「芻霊呪法」と相性が悪く、腐蝕箇所に「共鳴り」をされると心臓にダメージを負う。

9

国展

⚒ 映画館で出会った真人の手ほどきで、自身の呪力からを精製する術式を覚え、さらにその毒を分泌する大型のの式神 「澱月(おりづき)」を使役できるようになった。 実は、真人の『無為転変』で体を治すことと、京都校の人間には手を出さないことを条件に、偽夏油達の内通者をしていたが、呪霊たちが交流会で京都校の人間を襲撃したことを理由に内通者を辞退する。 西宮 桃(にしみや もも) 声 - 呪術高専京都校3年生で、アメリカ人の父を持つ。

11

香林坊店(金沢)

✆ 与は先天的な身体の欠損・不自由の持ち主であり、夏油達に協力する際、「対価として真人の呪術で肉体を治す」という契約を結んでいた。

13

『呪術廻戦』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

🖕 自身の血流の操作による自己強化に加え、排出した血液を操作して相手を攻撃したり、矢に血液をつけておくことで、放った矢の軌道を自在に変えたりできる。

1

『呪術廻戦』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

😉 高度な 結界術の使い手で、補助監督の帳などの強度を底上げしている呪術界の要。

2