エイ 出版 社 民事 再生 法。 なんてこと、木世(えい)出版社・民事再生法の939号

趣味雑誌「PEAKS」や「世田谷ライフ」を扱っていたエイ出版社が民事再生

♻ 実際、創工社がカヌーライフをやめると故本間氏から伺った時に、自分と故本間氏とで色々奔走していた時に、後に編集長となるY氏から、カヌーライフはうちが引き取るから、あなたはもういいよ的なことを言われて怒りが込み上げてきたのを覚えている。 楽しかったなぁ。

エイ出版社が民事再生法の適用を申請

⚓ 僕も読んでるとナチュラルに買いたくなる笑。

11

趣味雑誌「PEAKS」や「世田谷ライフ」を扱っていたエイ出版社が民事再生

🖖 この機会に新時代のメディアとして華々しく生まれ変わり、飛躍していただくことを一人のファンとして心から願います。 旅雑誌、グルメ雑誌、自転車雑誌をはじめ、アクティブな趣味の雑誌を多数出していた木世(えい)出版社(「えい」は本当は木偏に世の1文字)が、一昨日付で、民事再生法の適用を申請、受理されました。 特にこののつけ方だとどうもね。

4

エイ出版社の民事再生とドリームインキュベータ社|八田益之|note

⚑ 実例をあげると、トライアスロン専門誌のLUMINA誌は創刊2011年? 当初月刊だったのが今や年4冊の季刊。 しかし、近年は出版不況のあおりを受けて、主力の出版事業の低迷に加え、その他事業の落ち込みにより、2020年3月期の年売上高は約55億円に減少。 mouseEventToContainerPoint t ,s. もしくはウェブだけの出版になるかもしれません。

7

【新文化】

🤭 実際そうだろうが、しかし本件、雑誌自体よりも経営面の失敗が大きいように見える。 継続ということでひとまず安堵しました。 また、2020年12月には複数の雑誌と子会社のピークスを投資会社のドリームインキュベータに譲渡する事を明らかにしていました。

「Lightning」や「PEAKS」などを発行するエイ出版社が経営破綻

❤️ コロナ禍により取材や編集、出版作業に狂いが生じている状況だと思うが、これが収まった後も趣味の分野の需要は一定数あるに違いない。

エイ出版倒産。されど趣味の雑誌は死なないというか死なないで欲しい。

😊 我らが「Lightning(ライトニング)」や、「CLUTCH」「セカンド(2ND)」などのファッションメディアはエイ出版の手元に残ったままでした。

9

エイ出版社の民事再生とドリームインキュベータ社|八田益之|note

👉 )の業務に多大なご支援を賜り、 厚く御礼申し上げます。 エイ出版は幅広い事業を手がけていたので、どの事業が足を引っ張ることになったのかは現在の報道内容だけでは読み取れませんが、 出版事業だけを見ると、新型コロナの影響のあるなし関わらず、遅かれ早かれ、この状況は変わらなかったのではと思います。 でも「昭和の出版社」という雰囲気じゃない。

2